COVID-19対策

私たちは新型コロナウイルスに対する感染対策を徹底して活動しています。

​1.チェックシートの作成と運用

全日本合唱連盟の「合唱活動における新型コロナウイルス感染症防止のガイドライン」および国際的な医学雑誌JAMAに掲載された台湾での論文を元に、少人数編成に合わせた練習の進行と感染対策を両立可能にする独自のチェックシートを作成しました。

感染状況に合わせた期間の健康状態確認(発熱、味覚嗅覚障害の有無など)や感染者との接触が無いかの確認を事前に実施して、クリアした人のみが練習に参加しています。練習前後はチェックシートの読み合わせを行い感染対策を周知・徹底し安心安全な練習ができるよう取り組んでいます。

参考文献

2.「自宅でアンサンブル」の実現

​遠隔セッションサービス「SYNCROOM」を活用し、自宅にいながらにしてのアンサンブルができる環境を実現しました。

これにより、上記のチェックシートに引っかかり、同じ場所に集まれない場合でも練習を進めることが可能になりました。